キリヌキ


スポンサーサイト
--/-- (--) --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Alstroemeria



雌蘂が妙なアリストロメリアが咲いていると思ったら
雌蘂じゃなくて虫君でした






トンボに似ているけれど何だろう?
虫は詳しくないからなぁ~
・・・って、自分が詳しいって胸を張って言えるものなどないのだけれど。

いつか名前がわかるかもしれないので忘れないようにブログに貼っておこうと思ったのでした。


***

科 : ユリ科 Liliaceae
属 : アルストロメリア属 Alstroemeria



スポンサーサイト
無題


雨降りの日の花達は皆それぞれに花色が冴える。

チューリップは雨の日の姿の方が、

より、乙女度が高いような気がするナ

***

科 : ユリ科 Liliaceae
属 : チューリップ属 Tulipa


名残


温室育ちのツルバキア
沖縄には野生の子がいるらしい。

花色が青みがあるピンクなのは
原種の花色は紫だからなのかな?

もともとの形や色、花の香り。
ツルバキアに限らずどの子も
改良されても、改良を重ねても、
モトモトの名残というのは
どこかに残るものなのだなぁ。

***

科 : ユリ科 Liliaceae
属 : tulbaghia
学名 : Tulbaghia fragrans
Mon amour


チューリップの花言葉のテーマは“愛”らしい。



平安時代は「愛」を「愛(かな)し」と読ませたそうだけれど、
確かに時に愛はかなしみを伴う事もある。

過ぎた事や失ったものに心を占領されるより
目の前にある花のステキさに心を奪われたい。

***
科 : ユリ科 Liliaceae
属 : チューリップ属 Tulipa
残像
2009_04_11 103

そっと唇をあわせたくなった

キミの姿
まぶたに浮かんでは消えてゆく



次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。