キリヌキ

ARTICLE PAGE

Sable

未分類
  • comment-
  • trackback-


世界砂像フェスティバルの会場にプレハブの
「鳥取砂丘発見館」なるものがあった

そこにはいろんな国の砂と
日本の砂がおいてあった。

この画像は外国の砂。
セネガル
チュニジア
サハラ
どの砂の色も日本の砂の色と違う
みた事がない色をしていた。



日本の砂は灰色や灰色がかったベージュ。

そういえば
上京してはじめて関東の海へ行った時、
砂の色が自分が知っている色とは全然違う事に驚き、
あの時は
なんだか淋しくなった。

あの頃はいつも
失ったものの数だけ数えていたような気がする。
何も失ってなどいなかったのに。



あの頃のワタシに
フロリダの白い砂を見せてあげたいような気がした。